EN CN JA
+66 (0)898 336 175 info@thailandcityrealestate.com
JA EN CN
MENU

シティガイド:バンコク

投資家にとって1番良い選択です。

タイの首都であるBangkok(バンコク)は今、急速な値上益と、確実な賃貸収益を求める投資家にとって素晴らしい投資の機会を提供しています。

香港、シンガポール、東京、上海、北京、クアラルンプールなどの他のアジア主要都市にくらべて、Bangkok(バンコク)での不動産価格は平均たったの$5,000/平米と、現在とても低いものとなっています。これは、北京での$9,500/平米、シンガポールでの$24,500/平米、そして香港での$31,000/平米に比べても、とてもお手頃なことが分かります。しかし、Bangkok(バンコク)のマーケットの特長から、この価格は長く続かないものと確証されています。2013年3月末までの1年間でBangkok(バンコク)のコンドミニアムの価格は、驚くべきことに9.39%も上昇し、Bangkok(バンコク)は東南アジアで最も急成長しているマーケットとなりました。

国全体の経済が急成長している影響で、現在のBangkok(バンコク)でのプロパティの急騰は、まだ始まりにすぎないと予測されています。2012年には国のGDPは6.44%増加し、隣国に比べてとても速いペースで経済が成長し続けているからです。これはタイの経済が、中国とフィリピンを除いたどのアジア諸国よりも急成長しているということになります。世界銀行にその社会的、経済的成長を、「最も優れた自国開発の成功例」と称賛されるように、タイは右肩上がりに成長し続けています。

絶えず成長している経済はタイの中流階級に属する人口の増加につながっています。彼らの多くは、新しく手に入れた富を、自分たちの居住レベルの改善に費やそうと考えています。これにより、コンドミニアムの価格、特にもう新しい建築物のための土地区画が残り少ない、都市中心部にあるコンドミニアムの価格は急騰しています。

Bangkok(バンコク)のSkytrainの路線拡大によって、この都市の不動産人気の上昇は加速しています。

加盟している国と国の間で、関税のかからない貿易やビザのいらない出入国が可能になるASEAN経済共同体が2015年末に発足することにより、Bangkok(バンコク)の右肩上がりのプロパティの価格はさらに上昇するものとみられています。タイは、ASEAN諸国の交差点となる中心部に位置することから、ASEAN諸国のどの国よりも、新しい貿易拠点の導入による恩恵を受けることになると期待されています。

Bangkok(バンコク)の不動産マーケットでの主な動きは、都市の公共交通機関の駅にほど近いエリアの物件を中心に起こっています。タイの首都であるBangkok(バンコク)の道路状況は常に混雑していますが、この公共交通機関によって、よりスムーズに街中を移動することが出来るのです。地下鉄、Skytrain、バス、そして鉄道からなる公共交通網は、今後数年間で大きく拡大される予定で、路線数も現在の8本から15本へと増設されます。新しい駅の情報が発表されると、その近辺の新しいエリアに住みたいという需要が高くなるのです。

2013年4月、Global Property Guideに掲載されたリサーチによると、Bangkok(バンコク)の賃貸利回り率は3.97%~7.41%ということでした。これによりBangkok(バンコク)は、マニラ、ジャカルタに続く東アジアで3番目に利益率の高い首都となり、コンドミニアム市場での値上益は、まだまだある事を証明しました。

小さ目の部屋は大き目の部屋よりも、高い賃貸利回りを稼ぐことが出来ます。Bangkok(バンコク)の中心部に位置する50平米の部屋の賃貸利回り率は7.41%でとても高く、それに比べて、同じように中心部に位置する375平米の部屋は3.97%と、とても低くなっています。

中サイズの部屋の賃貸利回りも高くなっています。80平米の部屋は6.86%と高く、2011年の6.60%よりもあがっています。120平米の部屋も同じく、前年度の6.49%から6.53%に上昇しています。

現在、Bangkok(バンコク)のコンドミニアムの総市場のうち、外国人バイヤーが占める割合は比較的低くなっています。しかし、ほかのアジア主要都市にはもう小さな成長しか期待できないと実感し始めた投資家が、さらに好条件の収益を求め、外に目を向け始めていることにより、この状況は急激に変わってきています。

別荘をもつには最高のロケーションです。

Bangkok(バンコク)に魅了されているのは投資家だけではありません。とても親切でもてなしの良い人々が住み、温かいお国柄で有名なタイの、物価が安くて活気がある都市に、別荘を持ちたいと考える外国人の多くがBangkok(バンコク)に魅了されています。タイが「微笑みの国」として有名なのはこのような理由からです。

Bangkok(バンコク)のショッピングモール、気候、料理、そしてナイトライフを求めて、たくさんの観光客が集まります。

Bangkok(バンコク)は今や、世界中から人々が訪れる国際都市の1つに成長しました。訪れる人々を魅了するのは、タイの有名なおもてなしだけにとどまらず、世界的にも有名なタイ料理や、年中温かく過ごしやすい熱帯気候、刺激のあるナイトライフ、とても広く近代的なショッピングモールでのお手頃な買い物、そして美しい寺院やそのほかの観光名所など、実に様々です。また、Bangkok(バンコク)のほとんどの場所で英語が通じ、非常に多くの中国系タイ人が住んでいます。

近代的なスワンナプーム空港をベースに、Bangkok(バンコク)はアジアの交通の中枢の1つとなっています。実際に、マスターカードが行った最近の調査によると、バンコク国際空港はロンドンのヒースロー空港をぬいて、世界で最も忙しい国際空港となったとされています。観光客の数は急激に増えており、2013年の最初の3か月で前年の同時期より18.6%も増加しました。この増加のほとんどは中国からの観光客の数で、2013年の上半期のみで200万人もの観光客が中国から訪れました。これは2012年の同時期に比べて95.06%も増加したことになります。中国からの観光客は、今のところ、タイを訪れる外国人観光客の中で1番多く、その数は全体の21%を占めています。

中東やアラビア湾岸地域の国々からの観光客も増加しています。アブダビからBangkok(バンコク)への空路はエティハド航空の中でも1番忙しい路線で、2012年には70万人もの乗客をBangkok(バンコク)へ運びました。現在、エティハド航空は増え続ける需要に対応するため、Bangkok(バンコク)へのフライトを毎日6便に増やしています。新しく開発された高速鉄道は、スワンナプーム空港とBangkok(バンコク)の中心部をつないでいて、所要時間はわずか30分ほどです。

つまり、刺激的かつ住みやすい街にある、お手頃な価格の別荘を探していても、いま世界中のどこよりも急成長している資本増加率と、確実な賃貸利益収入を期待できる投資先を探していても、Bangkok(バンコク)は理想的な選択です。

Bangkok(バンコク)の不動産を探す